【追証なし】メリットだらけのIS6FXのゼロカットシステムを解説

ハイレバトレードはメリットも大きいですが、リスクもあります。でも追証なしのゼロカットシステムがあれば、どれだけ負けても入金額以上の損失を被ることはありません。

マコト
IS6FXでもゼロカットシステムを搭載しています。

この記事では、IS6FX(旧is6com)のゼロカットシステムについて詳しく解説していきます。

そもそもゼロカットとは?

そもそもゼロカットシステムとは、トレードで口座残高がマイナスになってしまった場合に負債分をFXブローカーが負担して口座残高をゼロに戻してくれるサービスのこと。

まずはゼロカットの仕組みについて、

  • ロスカットとの違い
  • 追証の仕組み
  • なぜ海外FXはゼロカットが可能なのか

という3点から見ていきましょう。

ロスカットとの違い

ロスカットとゼロカットの違いは、ひと言でいうと「執行タイミングの違い」です。

ロスカットは、執行前のアラートであるマージンコールに続いて執行されます。マージンコールとは「もうすぐ強制ロスカットになってしまうので対処してくださいね」というお知らせのこと。

この時点でユーザーには

  1. 証拠金を追加する
  2. マージンコール時点で決済し、保有ポジションを減らす

という2つの選択肢によって、ロスカットを避ける猶予が与えられているわけです。
 
証拠金を追加
 

マージンコールで決済

ところが、FXでは相場の急激な変動によりロスカットが間に合わないことがあります。このときに執行されるのがゼロカットです。

ロスカット:ロスカット水準で執行される

ゼロカット:急な相場変動でロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになってしまった場合に執行される

 

合わせて読みたい

IS6FX(旧is6com)のロスカット水準は50%。実は最大レバレッジが高いIS6FXのような業者はロスカットされるリスクが低いのです。証拠金維持率の計算方法もこの記事で。

blank

追証の仕組みとゼロカット

追証(追加証拠金)とは、FXブローカーがトレーダーに求める追加の証拠金のこと。

マコト
トレーダーは必要証拠金を担保とすることで、晴れてトレードを行うことができるようになります。

 

口座残高が必要証拠金の金額を割り込んでしまうと、それ以上取引を続けることができなくなり、先ほどの

  1. 追証を支払う
  2. 決済してポジションを減らす
  3. ロスカットが執行される

のどれかの結末を迎えることになります。ロスカットが間に合わない場合は、容赦なく「追証を支払う」しかありません。

ただし上記は、ゼロカットシステムがない場合。IS6FXには「追証なしのゼロカットシステム」が搭載されています。ロスカットが間に合わなくても追証を支払う必要がないのです。

なぜ海外FXはゼロカットが可能なの?

ゼロカットシステムは国内FXにはない海外FX独自のサービス。なぜこんな業者にとって不利益に見えるサービスが可能なのでしょうか?

所説ありますが、一番の理由は「NDD方式で運営している海外FXブローカーはスプレッドで収益を得られる」ため。

DD方式とNDD方式には次のような違いがあります。

DD方式NDD方式
国内/海外国内全ブローカー
一部海外ブローカー
海外ブローカーに多い
注文処理方法顧客の注文処理にディーラーが介在するインターバンクに直接注文を流す
取引の透明性低い高い
スプレッド狭い広い

海外FXには、国内に比べスプレッドが広いというデメリットがあります。逆に言うとスプレッドで利益を得ているためにゼロカットを採用できているのです。

マコト
海外FXではハイレバが活用できるからこそ、ゼロカットシステムはなくてはならないシステムです。

他のブローカーとIS6FXのゼロカットを比較

それでは次に、IS6FXのゼロカットシステムを他の海外FXブローカーを比べてみましょう。

今回比較するブローカーは、GEMFOREX、XM、AXIORY、Land-FX、TitanFXの5社です。

ゼロカットの執行条件とタイミング
業者名執行条件執行タイミング
IS6FXなし2時間以内
GEMFOREXなし1時間以内
XM入金入金時
AXIORYなし24時間以内
Land-FXサポートに申請申請後
TitanFXサポートに申請申請後
マコト
IS6FXの執行タイミングは公式サイトで見つけられなかったのですが、問い合わせにて確認しています。

IS6FXのゼロカット執行タイミング

ここで取り上げた各社には、すべてゼロカットシステムがありますが、その執行条件や執行タイミングには違いがあります。
 

まず、執行条件ですが、XMは入金することが条件。また、Land-FXとTitanFXはサポートに申請する必要があります。それに対し、IS6FX、GEMFOREX、AXIORYでは、何もしなくても自動的にゼロカット処理をしてくれるのです。
 

そして、ゼロカットが執行されるタイミングは、IS6FXが2時間以内、GEMFOREXが1時間以内、AXIORYが24時間以内となっています。IS6FXは、GEMFOREXには及ばないものの素早くゼロカットを行ってくれることがわかります。

IS6FXのゼロカット発動条件

実際のトレードでは、どのような場合にゼロカットが発動されるのでしょうか。

ここでは、IS6FXのゼロカット発動条件を見ていきます。

1. ポジションの保有中は、ゼロカット処理がされない

IS6FXでは、口座残高がマイナスでもポジションの保有中はゼロカット処理が行われません。

ゼロカットが適用されるのは、ポジションをすべて決済してノーポジションになった後に口座残高がマイナスの場合です。

2. ボーナスがあれば、ボーナスで補てん後にゼロカット

IS6FXでは、有効証拠金はボーナス分も含めて計算されます。したがって、ゼロカット処理が行われるのは、ボーナスも含めた口座残高がマイナスの場合

具体例は次のとおりです。

(例1)
口座残高=マイナス35,000円、ボーナス=プラス30,000円の場合
ボーナス分を含めた口座残高=マイナス5,000円
したがって、ゼロカット処理でマイナス5,000円がゼロになる
(例2)
口座残高=マイナス35,000円、ボーナス=プラス40,000円の場合
ボーナス分を含めた口座残高=プラス5,000円
したがって、ゼロカット処理は行われない

3. 新たな入金分で補てんされることはない

口座残高がマイナスとなった後に入金した場合、その入金額はマイナスの補てんには使われません。IS6FXでゼロカット処理をしてから、入金額がそのまま反映されることになります。

(例)
口座残高=マイナス35,000円、その後の入金額=プラス40,000円の場合
入金額のプラス40,000円は、マイナス分の補てんに使われることはない。
IS6FXでゼロカット処理をしてから、プラス40,000円が口座残高として反映される

 

IS6FXの公式ホームページにも以下のように記載があります。

0カットシステム
0カットシステムは、口座残高(証拠金残高)がマイナスになった分を、ボーナス付与分より相殺という形で全額ゼロにリセットするシステムです。万が一、お取引中にマイナスになった場合でも、追証・追加入金の必要がありませんので、安心してご利用いただけます。

また、ボーナスをお持ちでない場合でも、追加入金を頂いた際には、口座残高をゼロにリセットした上でご入金額を反映いたしますので、追証の心配は一切ございません。

IS6FX公式サイトより引用

ゼロカットが執行されるのはいつ?過去のFXショック相場

ゼロカットは、「ロスカットが間に合わない急激な相場の変動」の際に執行されます。頻繁にあることではありませんが、過去に相場の急変動が起こったケースをチェックしてみましょう。

2008年「リーマン・ショック」

リーマン・ショックはみなさんも聞いたことがあるかもしれません。

巨大証券会社かつ名投資銀行でもあったリーマン・ブラザーズの倒産をきっかけにした一連の大暴落です。3日間で1米ドル135円から110円まで値下がりしました。

当時リーマン・ブラザーズをメインバンクにしていたFXブローカーは、資金の回収がままならず膨大な額の出金遅延を起こしました。

2010年「ユーロ危機」

2009年ギリシャでの政権交代、財政破綻を機に、ユーロ圏全体への経済不信が起こったことによるユーロ価格の暴落です。

ドイツが「ギリシャをユーロ圏から脱退させることはない」と宣言するまで実に7ヶ月もの間、ユーロ価格は下落を続けました。

マコト
世界でも取引量の多いユーロの動向は、トレーダーであれば今後も注目していかなければならないでしょう。

2015年「スイスフラン・ショック」

スイスフランショックはトレーダーの間では有名ですね。まさに今回取り上げているゼロカットの好例ともいうべき、一瞬での大暴落

マコト
取引に慣れているひとならちょっとぞっとするチャートの動きです。

スイスフラン・ショック時の為替の値動き
画像引用元:SBI証券「スイス中銀、防衛ライン撤廃の背景と影響」
 

このとき、ゼロカットシステムを搭載していたFXブローカーのユーザーは口座残高をゼロに戻してもらえました。

一方でゼロカット未搭載のブローカーでトレードしていた方々は阿鼻叫喚。口座残高を超えた多額の追証を請求される事態となりました。

以降ゼロカットシステムの搭載の有無は、トレーダーにとってブローカーを選ぶ際の重要な指標となっています。

IS6FXのゼロカットシステムの注意点

ゼロカットシステムはトレーダーを救済してくれるありがたいサービスですが、IS6FX公式サイトには3つの注意点が紹介されています。

詳しく見ていきましょう。

注意点①悪用すると口座が凍結する場合がある

ゼロカットがあるからといって、無茶な取引を繰り返すのはNG。

悪用すると口座凍結やアカウント停止の恐れもあるので、絶対にやめておきましょう。

注意点②資金を引き出せないリスクがある

過去に起きたスイスフラン・ショックの際には、ゼロカットの約束がありながら反故にした経歴のあるブローカーが実在します。

例えばFXDDというブローカーは、相場の暴落により補てん分を支払えなくなり、公式サイトで「損失があまりにも大きいので追証を払ってください」という内容を発表しました。
 

ゼロカットシステムによって、リスクは減っているもののゼロではないというのが海外FXの実情です。

マコト
ブローカーを選ぶときには、過去の経歴や資金力も考慮する必要がありますね。

注意点③有効証拠金がプラスである場合、口座残高はマイナスのまま

ゼロカットは、口座残高がマイナスに転じた場合に執行されます。有効証拠金がまだプラスであれば損失が生じてもゼロカットにはならないので注意しましょう。

マコト
「ボーナス」も有効証拠金のうちに換算されます

 

また、ボーナスがまだ残っている場合はボーナスから先に決済されます。マイナス分をボーナスで補てんしきれなかったとしても、追証を請求されることはありません。

IS6FXのゼロカットシステムに関するQ&A

最後に、ゼロカットシステムに関するよくある質問にお答えしていきます。

Q. 設定は必要?上限回数は?

IS6FXでは、すべての口座でゼロカットシステムが搭載されています。トレーダー側で特に何か設定する必要はありません。

ゼロカットの執行に上限回数などもありません。

Q. デメリットはある?

トレーダー側には、ゼロカットのデメリットはありません。

ブローカー側にとっては完全なるサービスですが、NDD方式である海外FXブローカーはトレーダーがハイレバレッジで積極的に取引してくれるほどもうかる仕組み。

マコト
防衛策を講じてトレーダーや取引量が増えてくれる方がいいというわけですね。

Q. 複数口座の場合はどうなるの?

IS6FXでゼロカットが執行されるのは、「マイナス残高が発生している口座のみ」です。

複数口座を開設していたとしても、影響が出ることはありません。

IS6FXのゼロカットまとめ

IS6FXは、ハイレバレッジトレードの安全策の基盤となるゼロカットシステムを搭載しているブローカーです。

まとめ
  • ハイレバトレードにはゼロカットが必須
  • 追証なしで借金の心配なし
  • 強固な運営基盤があり大きな為替変動でも安心

IS6FXにはロスカットやゼロカットの仕組みがあるので安心ですが、とはいえ悪用は厳禁。普段から堅実なトレードを心掛け、着実に資金を増やしていきましょう!
 

当サイトではIS6FXの評判や安全性についてもまとめていますので、取引に迷っている方は是非こちらもチェックしてみてください。
 

\\IS6FXの評判や安全性をチェック // IS6FX評判ページ