IS6FXのスプレッドは狭い?広い?一覧表&早朝など拡大する時間も

IS6FX(旧is6com)は、業界最大級のレバレッジ1000倍とオンリーワンのボーナスで最近勢いを増してきている海外FX会社です。

今回はそんなIS6FXを、「スプレッド」の視点から徹底解析・比較いたしました。

そもそもスプレッドとは?

FXでトレードを行うとき、スプレッドと呼ばれる手数料がかかります。スプレッドとは、簡単に言うと売値と買値の差額のこと。

トレードでポジションを持つとき、

  • Bid(売値):通貨を売るときの値段
  • Ask(買値):通貨を買うときの値段

の2つが提示されていますよね。この売値と買値の差額がスプレッドです。

マコト
FXではこのスプレッドを、取引の手数料としてFX業者に支払わなければなりません。

 
また、IS6FXをはじめとする海外FX業者の多くは変動スプレッド制を採用。そのため通貨ペア、時間帯、FX業者や口座タイプなどによってもスプレッドは変動していきます。

取引コストに直結するため、スプレッドをできるだけ抑える方が利益が出るということですね。

IS6FXのスプレッドの広さは口座タイプで全然違う

IS6FXには、4つの口座タイプがあります。

IS6FXの4つの口座タイプ
マイクロ口座スタンダード口座プロ口座
※新規受付中止
レバレッジ6000倍口座
※受付終了
最低入金額$50$50$1,000$50
最大レバレッジ1000倍1000倍400倍6000倍
注文単位1 ロット
(1,000 通貨)
1 ロット
(100,000 通貨)
1 ロット
(100,000 通貨)
1 ロット
(100,000 通貨)
最小/最大注文数最小:0.05 ロット
最大:100 ロット
最小:0.01 ロット
最大:30 ロット
最小:0.01 ロット
最大:30 ロット
最小:1 ロット
最大:30 ロット
ボーナス×××
EA××
スプレッド
(ドル円・平均)
2 pips1.6 pips0.8 pips1.4 pips

このうち通常開設できる口座は、マイクロ口座とスタンダード口座の2つ。スプレッドはスタンダード口座の方が狭く設定されています。

ボーナスがスタンダード口座でしかもらえないことから考えても、IS6FXでは基本的にはスタンダード口座の開設をおすすめします。

IS6FXの全口座タイプのスプレッドを比較

それでは、各口座の全通貨ペアのスプレッドを見ていきましょう。

IS6FXのスプレッド一覧
通貨ペアマイクロ口座スタンダード口座プロ口座
※現在受付中止
6000倍口座
※受付終了
AUD / CAD4.7 pips3.8 pips2 pips3.6 pips
AUD / CHF4.4 pips3.5 pips1.8 pips3.3 pips
AUD / JPY3.7 pips2.9 pips1.4 pips2.7 pips
AUD / NZD4.3 pips3.4 pips1.6 pips3.2 pips
AUD / USD2.5 pips2 pips1 pips1.8 pips
CAD / JPY3.8 pips3 pips1.4 pips2.8 pips
CHF / JPY3.6 pips2.9 pips1.5 pips2.7 pips
EUR / AUD4.3 pips3.4 pips1.7 pips3.2 pips
EUR / CAD4.6 pips3.7 pips1.9 pips3.5 pips
EUR / CHF3.2 pips2.5 pips1.2 pips2.3 pips
EUR / GBP2.5 pips2 pips1 pips1.8 pips
EUR / JPY2.9 pips2.3 pips1.1 pips2.1 pips
EUR / NZD6.8 pips5.5 pips2.9 pips5.3 pips
EUR / USD1.9 pips1.5 pips0.7 pips1.3 pips
EUR / ZAR190 pips185 pips175 pips185 pips
GBP / AUD6.1 pips4.8 pips2.3 pips4.6 pips
GBP / CAD6.4 pips5.1 pips2.6 pips4.9 pips
GBP / CHF5.1 pips4.4 pips3.1 pips4.2 pips
GBP / JPY3.9 pips3.1 pips1.5 pips2.9 pips
GBP / NZD9.2 pips7.6 pips4.5 pips7.4 pips
GBP / USD3.1 pips2.4 pips1.1 pips2.2 pips
NZD / JPY3.9 pips3.1 pips1.5 pips2.9 pips
NZD / USD3.4 pips2.7 pips1.3 pips2.5 pips
USD / CAD2.7 pips2.1 pips1 pips1.9 pips
USD / CHF2.9 pips2.3 pips1.2 pips2.1 pips
USD / CNH25.5 pips21 pips12 pips21 pips
USD / JPY2 pips1.6 pips0.8 pips1.4 pips
USD / MXN60 pips55 pips45 pips55 pips
USD / SGD5.6 pips4.5 pips2.4 pips4.3 pips
USD / TRY20.4 pips18.9 pips15.9 pips18.9 pips
USD / ZAR85 pips80 pips70 pips80 pips
ZAR / JPY3.3 pips2.8 pips1.8 pips2.6 pips

全体の傾向としては、マイクロ口座よりもスタンダード口座の方がスプレッドが狭いことが分かります。

ただしIS6FX自体としては、スプレッドをそこまで売りにしてはいません。

トレーダーにとって通貨ペアのスプレッドが狭いことは、コストを抑える上でとても重要なことです。ですが、IS6FXでは最狭スプレッドや0スプレッドは推さず、バランスを兼ね備えたFXブローカーでありたいと考えています。

 

公式サイトからも、むやみにスプレッドを狭くするよりもトレーダーに対して誠実な運営を目指していることが分かります。

続いては、他の海外FXブローカーともスプレッドを比較してみましょう。

海外FX業者とのスプレッド比較

ここでは、IS6FXのスプレッドを他の海外FX業者と比較していきます。

スタンダード口座とマイクロ口座のそれぞれで、主要な通貨ペアのスプレッドを見ていきましょう。

スタンダード口座のスプレッド比較

IS6FXの基本的な口座タイプは、スタンダード口座です。

海外FX大手5社の類似の口座タイプを比較してみると、次のようになりました。

スタンダード口座のスプレッド
通貨ペアIS6FX
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
GEMFOREX
オールインワン口座
Axiory
スタンダード口座
Titan FX
Zeroスタンダード口座
USD / JPY
米ドル/円
1.6 pips1.6 pips1.4 pips1.3 pips1.33 pips
EUR / JPY
ユーロ/円
2.3 pips2.3 pips1.6 pips1.2 pips1.74 pips
EUR / USD
ユーロ/米ドル
1.5 pips1.7 pips1.4 pips1.2 pips1.2 pips
GBP / USD
ポンド/米ドル
2.4 pips2.4 pips2.2 pips1.6 pips1.57 pips
AUD / USD
豪ドル/米ドル
2 pips1.9 pips1.5 pips1.7 pips1.52 pips

※2021年2月時点の情報

表ではIS6FXのスプレッドは、高く見えてしまうかもしれません。ですが、GEMFOREXとAxioryは公式サイトに平均スプレッドの表記がないため、最小値を掲載しています。

IS6FXのスプレッドは、狭くはないが善戦しているといえるでしょう。

合わせて読みたい

IS6FX(旧is6com)のスタンダード口座は、豪華なボーナスと高い約定力を特徴とする口座です。マイクロ口座との違い、他の海外FX会社との比較などをしていきます。口座開設する前に見ておくべき記事ですよ。

blank

マイクロ口座のスプレッド比較

続いては、マイクロ口座のスプレッド比較を見ていきましょう。

少額から取引できる口座をお探しの方は、こちらでスプレッドを比較してみてください。

マイクロ口座のスプレッド
通貨ペアIS6FX
マイクロ口座
XM
マイクロ口座
FBS
セント口座
IFC Markets
ビギナー口座
USD / JPY
米ドル/円
2 pips1.6 pips2 pips1.8 pips
EUR / JPY
ユーロ/円
2.9 pips2.3 pips3 pips2.5 pips
EUR / USD
ユーロ/米ドル
1.9 pips1.7 pips1.1 pips1.8 pips
GBP / USD
ポンド/米ドル
3.1 pips2.2 pips0.9 pips3 pips
AUD / USD
豪ドル/米ドル
2.5 pips1.9 pips0.8 pips2 pips

※2021年2月時点の情報

IS6FXのマイクロ口座のスプレッドは、他の業者と比較しても広めです。IS6FXではスキャルピングトレードは制限されていませんが、スキャ狙いであれば断然スタンダード口座の方がおすすめ

マコト
マイクロ口座は少額から取引できるものの、FXの最終的な利益はスプレッド込み。取引にかかるコストは抑えるに越したことはありません。

 

合わせて読みたい

IS6FX(旧is6com)のマイクロ口座の注文単位は1000通貨であり、最低1ドルの証拠金で取引ができます。少額で始めたい方にドンピシャの口座。スプレッドやスタンダード口座との比較や特徴をまとめてみました。是非参考にしてみてください。

blank

IS6FXでスプレッドが狭い通貨ペア5選

IS6FXの中でもスプレッドが狭いのは、次の5つの通貨ペアです。

スプレッドが狭い通貨ペア
通貨ペアマイクロ口座スタンダード口座
EUR / USD
ユーロ/米ドル
1.9 pips1.5 pips
USD / JPY
米ドル/円
2 pips1.6 pips
AUD / USD
豪ドル/米ドル
2.5 pips2 pips
EUR / GBP
ユーロ/ポンド
2.5 pips2 pips
USD / CAD
米ドル/カナダドル
2.7 pips2.1 pips

やはり、取引量の多い米ドルやユーロを含む通貨ペアは総じてスプレッドが狭くなる傾向にありますね。

一方でマイナー通貨は、スワップポイントなどで稼げるチャンスがあるもののスプレッドはかさみます。

スプレッド重視の方は、なるべくメジャー通貨を取引するようにすると良さそうです。
 
その他の通貨ペアについては、こちらの記事で解説しています。

合わせて読みたい

IS6FX(旧is6com)の通貨ペアと銘柄(貴金属)について解説しています。どの通貨ペアを選べばいいか分からないときや、MT4での取引通貨ペアの表示方法についても。

blank

スプレッドが広がる指標発表時・早朝に注意

スプレッドの広いタイミングは、取引コストがかさんでしまうので避けた方が無難です。

ここでは、スプレッドが広がりやすい2つのタイミングをご紹介しましょう。

経済指標の発表時はスプレッドが広がる

経済指標の発表時はスプレッドが広がる

経済指標とは、各国の政府などが発表している「経済に関連する統計」のことで、経済の動きを予測するうえで重要なバロメーターのひとつとなっています。

トレードをする上で重要となる主な経済指標には次のようなものがあります。

  • 政策金利
  • GDPや消費動向
  • 雇用統計
  • 物価上昇率や貿易赤字

こうした経済指標発表時は、急激な相場変動が起こりやすいためスプレッドが広がりやすくなります。

早朝5時~7時はスプレッドが広がる

IS6FX(旧is6com)でスプレッドが広がりやすい時間

日本時間の早朝5:00~8:00も、スプレッドが広がりやすいタイミングです。

この時間はNY市場など大きな都市の取引が終了する時間帯であるため、取引量が減少してスプレッドが広がる傾向があります。
 

逆に取引量が多いおすすめの時間帯は、日本時間の15時~深夜0時にかけてです。

FXの市場は、日本時間の15時から16時くらいにロンドン市場が開始するタイミングで活発化し、NY市場が閉まる深夜0時を目安に取引量が減っていきます。

この中でも特に、ロンドン市場とNY市場が重なる21時~翌0時の時間帯はゴールデンタイムと言っていいでしょう。

マコト
低スプレッド、トレンド狙いでトレードするなら、ここは狙っておいてまず間違いないタイミングです。

MT4でスプレッドを表示させる方法

最後に、MT4でスプレッドを表示させる方法について解説していきます。こちらはIS6FXですでに口座開設をした方向けです。

口座開設がまだの方は、「リアル口座開設の流れ」を参考にして手順を確認してみてください。

ここでは、PC版のMT4での

  1. チャート上にAskラインを表示する方法
  2. 気配値の表にスプレッド表示させる方法

について説明していきます。

チャートにAskラインを表示する方法

以下の画面のように、初期設定では売値(Bid)のラインは引かれていますが、買値(Ask)のラインがありません。

IS6FX(旧is6com)でのスプレッド表示方法1
 
チャートで視覚的にスプレッドを確認するために、Askのラインは表示させて置くことをおすすめします。
 

Askラインを表示させるには、まずはチャート画面を右クリックし、メニューバーの「プロパティ」を選択します。

IS6FX(旧is6com)でのスプレッド表示方法2
 
以下の表示が出るので、「全般」のタブを選択し、「Askのラインの表示」にチェックを入れてOKボタンを押してください。

IS6FX(旧is6com)でのスプレッド表示方法3
 
これで、チャート上にAskのラインが表示されました。

IS6FX(旧is6com)でのスプレッド表示方法4

気配値の表にスプレッドを表示させる方法

では次に、気配値の表にスプレッドを表示させてみましょう。

気配値表示の任意の通貨ペアを右クリックしてください。メニューバーが表示されるので、「スプレッド」をクリックします。

IS6FX(旧is6com)でのスプレッド表示方法5
 
すると、BidとAskの横に「!」の欄が表示されます。ここを見ると、通貨ペアごとのリアルタイムのスプレッドが確認できます。

IS6FX(旧is6com)でのスプレッド表示方法6
 
ここの数字は、単純にBidとAskの値の差を表示しているだけなので、USDJPYの表示も「16」となっています。これは「1.6pips」ということですね。

このスプレッドは、ランダムな時間帯(2020/11/19の12:00ごろ)のスプレッドですが、1.6pipsということで、公式が出している平均スプレッドと同じでした

マコト
公式が出しているスプレッドと、実際のスプレッドを自分で比較してみるのもいいかもしれませんね。

以上でスプレッドの表示手順は完了です。

IS6FXのスプレッドまとめ

では、今回のまとめをしておきましょう。

IS6FXのスプレッド
  • IS6FXのスプレッドはまあまあ(平均的)
  • IS6FXのオススメの口座タイプはスタンダード口座
  • 早朝や経済指標発表時のトレードには注意

比較したとおり、IS6FXのスプレッドは他の海外FX会社と比べてそこまで狭いわけではありません。

口座タイプではスタンダード口座がおすすめ。マイクロ口座よりもスプレッドが狭く、ボーナスも受け取ることができる口座です。
 

マコト
とはいえ、私がIS6FXというブローカーにハマって抜け出せなくなった理由はスプレッドとは別にあります。

こちらの記事では、IS6FXの評判や魅力をとことん突き詰めて書いていますので、ぜひ読んでみてください。

合わせて読みたい

IS6FX(旧is6com)の評判・口コミ・安全性を解説。IS6FXの日本支部マネージャーを直撃し、「あのウワサ」の真相についてもインタビューしています。海外FXで自己資金を抑えたい人は必見。

blank